Nik’ob’al wuj (Bibliography)

  • England, Nora C. 1996. “The Role of Language Standardization in Revitalization.” Pp. 178–194 in Maya Cultural Activism in Guatemala, edited by Edward F. Fischer and R. McKenna Brown. Austin, TX: University of Texas Press.
  • Hagan, Jacqueline Maria. 1994. Deciding to Be Legal: A Maya Community in Houston. Philadelphia: Temple University Press.
  • Menjívar, Cecilia. 2002. “Living in Two Worlds? Guatemalan-Origin Children in the United States and Emerging Transnationalism.” Journal of Ethnic and Migration Studies 28:531–552.
  • Mondloch, James L. 2017. Basic K’ichee’ GrammarThirty-Eight LessonsRevised Edition. University of Colorado Press.
  • Montejo, Victor D. 2002. “The Multiplicity of Mayan Voices: Mayan Leadership and the Politics of Self-Representation.” Pp. 123–148 in Indigenous Movements, Self-Representation, and the State in Latin America, edited by Kay B. Warren and Jean E. Jackson. Austin, TX: University of Texas Press.
  • Nash, Manning. 1958. Machine Age Maya: The Industrialization of A Guatemalan Community. Free Press.
  • Paredes, Cristian L. 2017 “Mestizaje and the Significance of Phenotype in Guatemala.” Internacional Sociologies of Race and Ethnicity 3:319-317.
  • Popkin, Eric. 2005. “The Emergence of Pan-Mayan Ethnicity in the Guatemalan Transnational Community Linking Santa Eulalia and Los Angeles.” Current Sociology 53:675–706.
  • Rodriguez, Nestor P. and Jacqueline Maria Hagan. 2000. “Maya Urban Villagers in Houston: The Formation of a Migrant Community from San Cristóbal Totonicapán.” in The Maya Diaspora: Guatemalan Roots, New American Lives, edited by James Loucky and Marilyn M. Moors. Philadelphia: Temple University Press.

Recent Posts

Duolingo

昨年、Duolingoでキチェ語のコースを作るという話があってチームに入ったけど、何故かDuolingo側から殆ど連絡が来なく計画が立ち消えたかと思ったら、Luis von Ahnが正式にコース作成をアナウンスしていた。

今回はしっかり対応すると良いのだけど。そもそも無給のボランティアだからなのか、昨年の対応が酷すぎた。一応今回も申し込んでおいた。Incubatorのアプリケーション・ページ上で言語を切り替えることが出来たので一応日本語でも。

こんな内容を書いておいた:

マヤ文化に長い間魅了されてきた。その文化、特に現代の風習について良く理解するためは最低でも一つのマヤ系言語を学ぶ必要がある。キチェ語を選んだのはグアテマラ高地で話されている言語だからである。テキサス大学オースティン校で人口学を学んだこともあり、マヤ諸語を含む多くの先住民言語が絶滅の危機にあることを理解している。それ故に多くの人々が学びに訪れる大きなプラットフォーム(Duolingo)でキチェ語をコースを作り上げることに関心がある。

グアテマラ国立サンカルロス大学の言語学習センター(CALUSAC)のキチェ語コースを修了、また、ケツァルテナンゴ市でグループ・個人レッスンを受けた経験もある。また、米国の大学院ではマヤ族を始めとしたラテンアメリカ諸国の先住民の歴史や現状についても学んだ。

現在ポポル・ブフの物語をキチェ語、スペイン語及び日本語の三言語で紹介する動画を作成するプロジェクトを率いており、そのプロジェクトを通じキチェ語を学び続けている。

さてどうなることやら。

  1. ラビナル・アチ Leave a reply
  2. ケツァルとかマヤの育毛剤とか Leave a reply
  3. ファッション Leave a reply
  4. Leave a reply