パイロット・スタディ

現在、国立統計院によるセンサスのパイロット・スタディが行われているそう。

2002年のセンサスを使ってこの四市の先住民比率を見てみた。

910がケツァルテナンゴ県サン・マテオ市

1316がウエウエテナンゴ県サン・フアン・アティタン市

1605がアルタベラパス県タマウ市

1908がサカパ県サン・ディエゴ市。

サン・フアン・アティタン市の先住民率がサン・アンドレス・シェクル市並に高い。タマウ市も大半が先住民。サン・マテオ市が半々、サン・ディエゴ市には殆ど先住民が住んでいない。その観点から今回のスタディの市を選んだのかもしれない。

最初の三市の先住民族の割合がこちら。

タマウ市ではポコムチ族が71%、ケクチ族が26%近くを占めているけどこの2つの族が別々の村に住んでいるのかどうかはここからは分からない。

パイロット・スタディに出来れば参加したかったなぁ。

トトニカパン県の先住民比率

昨日の続き。

サン・アンドレス・シェクル市の人口における先住民の割合が高いのは分かったけど、そもそもトトニカパン県内の他市はどうなのか。トトニカパン自体が先住民が多いという印象が元々ある。

調べてみた。

他の市も総じて高いことが分かる。中にはサン・アンドレスより高い所も。

0801からそれぞれ

  • トトニカパン市
  • サン・クリストバル・トトニカパン市
  • サン・フランシスコ・エル・アルト市
  • サン・アンドレス・シェクル市
  • モモステナンゴ市
  • サンタ・マリア・チキムラ市
  • サンタ・ルシア・ラ・レフォルマ市
  • サン・バルトロ市

となっている。これだけ先住民の割合が高い県なのに聖人の名を冠した市が8市中6市。カトリックの影響は強い。

トトニカパン県全体の民族別の割合はこうなっている。

キチェ族以外の先住民、特にマム族、カクチケル族やケクチ族もいるけれど、割合としてはごく僅か。やっぱり、経済的な意味合いからもわざわざトトニカパン県に移ろうという人は少ないんだろうと思う。

サン・アンドレス・シェクル市の先住民比率

地球の歩き方にサン・アンドレス・シェクル市の先住民の割合が99.7%以上とあった。物凄く高い。これって一万人あたり30人未満が非先住民ということ。

ちょっと信じがたいと思い、2002年の国勢調査を調べてみたら本当だった。

2002年時点での総人口数は22,362人。うち、キチェ族が99.39%。総人口に対する先住民の割合はなんと

99.75%だった。

ついでに人口ピラミッドも作成してみた。

出生率が高いため、若年層が多い。グアテマラ全体も傾向は一緒だけどやはり地方の方が顕著。

グアテマラの人口ピラミッドがこちら。

グアテマラ・シティーの場合は少し異なる。人口の流入と教育水準の高さが主要因かな。

今回はSTATAを使った。コードはこちら。

GIS

統計結果を見せる場合、視覚的に分かりやすい地図を使う場合がある。

以前はArcGISを使っていたけれど、最近はQGISを使うことの方が多い。Rと一緒でオープンソースというのは使いやすい。ArcGISにしても機能の十分の一も使っていない訳だし。まぁ、QGISも機能は豊富だけれど。

グアテマラのデータでGISを使う際の問題点はデータ不足。ここ10数年で市の数が増えたけど、しっかりアップデートされている市レベルのデータはあまり無いような気がする。

国勢調査が未だに2002年が最新のものなので今のところGISデータは農牧食糧省(MAGA)から購入した2005年のものを使っているけれど、国勢調査が終了する2018年中には新たなデータを手に入れたい。

Mortpak

全然知らなかったけどMortpakって今、無料なのね。

昔は結構高かった気がするけど。

なので、エクセルで計算したりマイクロデータがある時はポアソンにちょっと手を加えたネガティブ・バイノミアル・モデルとかを使っていたけどなぁ。