Paches

シェラやカンテルでは週末にパチェというコメかジャガイモをペースト状にして味付けをしてマシャン(maxán)の葉で包んで蒸す。

葉の裏側を外にして包んでいる場合は中身がジャガイモ、逆の場合はコメという決まりがあるけどこれは他の地域でも通ずるものなのかは分からない。こちらがジャガイモのパチェ。 こちらがコメのパチェ。奥に見えるのはタマル。カンテルのタマルはシンプルで感覚的には日本人にとっての白米と一緒。

キチェ語話者数

キチェ語を話す人の総数は100万人以上とはよく言われるがその根拠というのが説得力に欠くものが多い。

2002年の国勢調査を改めて見てみた。15年前に集計されたデータだけど来年新たな国勢調査が発表されるまでは最新のものなのでこれを使う。  このセンサスでは3歳以上の人に対して言語の質問をしているのでデータを3歳以上の人口に絞る。

その後、話者数が多い5先住民言語のグラフを実数とパーセンテージで表したのがこちら。

母語、若しくは第二・第三言語としてグアテマラでキチェ語を喋る人は952,503人、四捨五入すれば百万人となるけれど百万人以上とはならない。まぁ、百万人に近いことは間違いないけど。15年前と比べてグアテマラの人口は大分増えたけどそれが先住民言語の話者数増加に繋がっているのかは判断し難い。どの程度喋れれば話者と数えることが出来るかによるかな。

パーセンテージのグラフがこれ。敢えてY軸の上限を100にした。キチェ語話者は三歳以上の人口の9.32%となっている。

どちらにしてもこれは15年前のデータなのでやはり現状を知るには新たなセンサスのマイクロ・データが欲しい。

Rコードはこちら