ハリケーン・ミッチ

一昨日独立二百周年を迎えたグアテマラ。

問題が山積みで素直に祝う空気ではないのは国内で感じる。

それはさておき、二百周年に関連した特集記事の中で、グアテマラで起きた主な出来事に関する記事があった。

一つ目を引いたのがハリケーン・ミッチに関する記述。このハリケーンが起きた時は大学生で、スペイン語を学び始めた年の事なので良く覚えている。記事によるとグアテマラで地震を除く自然災害が顕著になったのはこれが最初とのこと。

当時はまだ、グアテマラに行ったことも無かったからそうなのかと関心を持った。地球温暖化に加え、都市化、人口増加、自然破壊やインフラ不備等色んな理由があるだろうし、これらを考えると自然災害の頻度や規模が減少することは当面は無いと思う。悲しい現実。

そういえば以前知り合いのお祖父さんにハリケーン・ミッチ当時について語って貰っていた。内容は良いのだけど、今見るとホント撮影が下手。

トコヤル

先週、25セント硬貨のデザインのモデルとなったアティトラン市出身の女性が亡くなった。彼女の横顔の構図で際立つのはやはりトコヤルと呼ばれる頭飾りだと思う。

こちらは先月アティトラン市出身の女性がトコヤルを巻くところを見せてくれると言うので撮らせて貰った際の動画。伝統文化って良いなぁと改めて実感。各地で色の特色がはっきりと分かれているのもグアテマラ民族衣装の魅力だと思う。

まぁ最近は各市で他の市の衣装も売られていて、地域毎の特色は薄れてはきているけど。

マシモン

サンティアゴ・アティトラン市に行った際にマシモンを訪ねた。

現地のツトゥヒル語ではRilaj Mamとなる。なお、マシモンの意味は縛られた男性。Rilaj Mamはおじいさん。ケツァルテナンゴ県スニル市のサン・シモンは何度か見に行ったけどこちらは初めて。

日曜の朝に行ったけど既に結構人がいた。聞いた話によるとマシモンのコフラディアは儲かるので一年で交代したくないと言い張る人も出てくるとか。

今回は儀式は頼まなかったけど、勿論儀式や占いもする。日本でもそうだと思うけど良い占い師、祈祷師は本当に人の細部を見る。だから当たることも多いのかなと思う。結構具体的なことが当たったりもする。

地方の一大産業でもある。気になった人は試してみては如何。なお、10月28日はサン・シモンの日。ということで撮りに行く予定。

ソロラ県の郷土料理

最近は料理の場面を撮る機会が多かった。

今回は5月と8月にソロラ県で撮った動画の紹介。

5月訪問時には色んな料理を見せて貰った。

どれも美味しかったけど特に気になったのが朝に食べたパティンという子魚をトマトソースで和えたもの。こちらは作ったものでは無く、日曜の朝に配達していたものを買った。アティトラン湖畔の町、サンティアゴ・アティトラン市の名物料理とのこと。

このことを同市の友人に聞いたら彼女の家で作るから撮りに来いと言われ、実際に行ったのが8月。

パティンの他にサンティアゴでは好んで食べられるセシナと呼ばれる熟成肉も紹介して貰い満足。

グアテマラ料理も奥が深いと改めて感じた。

アルモロンガ市の郷土料理

シェラ近郊の町アルモロンガの郷土料理をご馳走になった。

チュボフという中にマシャンの葉っぱの中にトマトソースを混ぜたマサとロンガニサと呼ばれるソーセージが入ったもの。照明を使うことが出来ない環境だったので少し難しかったけど、何とか撮れた。

これのほぼ一年前に撮ったのが同じくアルモロンガの郷土料理チョカ。最近はログ撮影をしていることもあるのか色合いは今の方が綺麗。ただ、照明が不十分な所で撮る機会も結構あるのでフルサイズのカメラを購入する必要があるかな。Sony α7SIIIは凄く魅力的だけど、個人的にはやはりLumixが好き。パナソニック、もう少し頑張ってくれないかなぁ。