サラマ

先週末はバハ・ベラパス県サラマを訪問。アチ語が話される市のひとつ。13日はアルボル・ガヨがライトアップされる日でサラマにも設置されていた。撮影はS5で。

バハ・ベラパス県訪問は今年二回目。前回はドローンでも撮影。

備忘録:LaTeXで作成した数式をイラストレーターで読み込む方法

ルピータの新しい解法動画を作成中。

一か月振りにLaTeXで作成したPDFをイラレで開いたらこんな警告が。

で開いてみるとこんな感じ。

先月まではちゃんと開けていて、フォントも消していないのに何故と思って調べていたらイラレが2022バージョンに更新されていたことに気付く。


これが原因。アドビも自動アップデートするのはいいけど、関連ファイルの引継ぎをしっかりして欲しい。

2021年バージョンにあったフォントを

2022年バージョンにもコピー&ペースト。不具合があれば2021年バージョンに戻すかもしれないので元の位置にもフォントを残しておく。

フォントを2022年バージョン用のディレクトリに置いたらしっかり読み込まれた。結構時間取られた。因みにフォントはCTANから入手できる。

チチカステナンゴ市:死者の日

死者の日にチチカステナンゴ在住の友人のお兄さんがBaile de Toritoに参加するから見に来てと言われて見に行った。

踊りも良かったけど何よりチチカステナンゴの独特の雰囲気を思う存分体験出来て満足。

帰りにはキチェ県で製造されるソーダを買った。

カンテルからトトニカパンを通ってサンタクルス経由でチチカステナンゴへ。日帰りだけど結構色んな所に行けたかな。全部少なからずポポル・ウフに関係のある場所なのでその括りで動画も作った。

今週の一枚

今週火曜にソロラ県のサン・アンドレス・セメタバフ市を訪問した際に撮ったもの。ここにはバジェ大学の敷地があり、セメタバフ遺跡にはこれから発掘を進めるであろう建造物が色々ある。

写真はカルバリオの前で撮ったもの。右にある警告文?には直訳すれば「ここでの愛のある出会いは禁止」とある。逢引きとはまたニュアンスが異なる印象。

これがあるという事はそういった前例があるのだなぁと思わせる。こういった思わせぶりな要素が入った写真って面白い。