キチェ語話者数

キチェ語を話す人の総数は100万人以上とはよく言われるがその根拠というのが説得力に欠くものが多い。

2002年の国勢調査を改めて見てみた。15年前に集計されたデータだけど来年新たな国勢調査が発表されるまでは最新のものなのでこれを使う。  このセンサスでは3歳以上の人に対して言語の質問をしているのでデータを3歳以上の人口に絞る。

その後、話者数が多い5先住民言語のグラフを実数とパーセンテージで表したのがこちら。

母語、若しくは第二・第三言語としてグアテマラでキチェ語を喋る人は952,503人、四捨五入すれば百万人となるけれど百万人以上とはならない。まぁ、百万人に近いことは間違いないけど。15年前と比べてグアテマラの人口は大分増えたけどそれが先住民言語の話者数増加に繋がっているのかは判断し難い。どの程度喋れれば話者と数えることが出来るかによるかな。

パーセンテージのグラフがこれ。敢えてY軸の上限を100にした。キチェ語話者は三歳以上の人口の9.32%となっている。

どちらにしてもこれは15年前のデータなのでやはり現状を知るには新たなセンサスのマイクロ・データが欲しい。

Rコードはこちら

K’iche’ ch’ab’al ruk’ LaTex (LaTexでキチェ語)

キチェ語のノートは前にも述べたと思うけどLaTexで管理している。ファイルも軽いし何より好きな様に編集できるのが利点。

ただ、これまでは論文執筆を中心に使ってきたため、これまでとは少し使い方が異なり新たな機能が必要となったので作ることとした。

例えば問題への回答を下線と朱色の文字を使って書くということ。下線の長さを統一したり、微調整する時に面倒なことが多かったのでこう書いた。

また、キチェ語の文法ではシータをよく使うけど、これはノートでは必ず太文字を使っているので

を入れておけばその後は気にする必要なし。

後は空白の統一や自動インデントを除く仕様にした。インデントについてはこうする。

こんな風にノートを作成している。

実行結果はこちら。細かいところは今後説明したい。備忘録として役に立つ。

なお、Wachi’l, chqatatab’ej jas le kub’ij le qajtijは「みんな(友達)、先生の言うことを聞こうよ!」という意味。